新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

2017年の立冬はいつ?初めて知る意味と行事食がカボチャの訳

2017/09/01

2017年の立冬はいつなのか?、それとこの日にカボチャを食べる理由はなぜか、不思議に思ったので調べてみました!

まだまだ、カレンダーでは「立冬」とあっても、秋の紅葉がある時ですね。寒くはなく涼しい程度です。

立冬とは冬を表す代表的な言葉ですが、どこでそれを表しているのか?と不思議ですよね?

体調が変わりやすくなる季節だからこそ、冬を迎える準備なのでしょうか。身体に気を付けたい時です。

そして、なぜか毎年変わる「立冬」の日付には何か決まりがあるのでしょうか?

スポンサーリンク


2017年の立冬はいつ?何月何日に来る?

2017年(平成29年)の立冬は何月何日に来るかというと

11月7日(火曜日)

になります。

この日付、よく調べてみると、意外にも立冬の日には、毎年の決まりがあることが分かりました!

立冬とは「太陽視黄経が225℃」になる時とされていて、毎年11月7日か8日が「立冬」に当たります。

この日から「小雪」という二十四節気のひとつまでが立冬の期間となります。

毎年、1日~2日の違いはあっても、秋から冬への季節の変わり、冬へとなるのが「立冬」なのです。

なので「11月7日」と「小雪」とは、まだまだ冬を感じさせませんが、「立冬」とは秋から冬にかけての準備なのかもしれません(^^)

※太陽黄経・・・太陽が天球上を通る際の経路を当確に分割した座標のこと。
※二十四節気・・・太陽の動きを24等分して約15日ごとに分けた季節のこと。

立冬にはカボチャ?それは確かなこと?

立冬にカボチャ…?

何か違うような気がしませんか?確かにカボチャがいいとされているのは冬至ですね(^^;

立冬にふさわしいとカボチャが言われるようになったのは、寒さに備えるためにニンニクや生姜、カボチャなど身体が温まる食べ物がいいとされていたからみたいですね。

カボチャは「立冬だから」ではなくビタミンなどが豊富で風邪予防に良いから冬の代表的な食べ物なのです。だからこそ、決して間違いではありませんが、

立冬=カボチャは間違い

なのです。^^;

カボチャの煮物

キノコ類なども、冬にはふさわしいとされていますが、なめこ汁もいいですね(^^)

特に立冬なら「この食べ物」といったものはなく、身体が温まり風邪予防になるものが冬には身体にとって優しいので、立冬ならではという行事食は特別にはありません。

冬になると必要な食べ物は?

冬ならではの食べ物といえば白菜や大根、魚でも鮭やカキなどたくさんありますが、連想するのはお鍋かもしれません。

ビタミンやミネラル豊富な食べ物程、冬の寒い季節には欠かせないのは、そこに風邪予防と体力維持の効果があるからです。

立冬の頃にはまだ季節の変わり目なので、体調を崩しやすく免疫力の低下の時期ですから、ネギやニラなどもいいでしょう。

衣服もどの時期に衣替えか分からない頃が、ちょうど立冬の頃なので、温かい食べ物などで冬に備えたいものです。

カボチャは冬至の付き物ですが、冬には温野菜や鍋料理で身体を温めて免疫力を高める必要がありますから、身体にはいいのです。

立冬に限らず、冬に備えて栄養価の高いものを食べることによって、免疫力の低下を抑えて、風邪や冬での病気に備えることが大事なのです。

冬支度をする目安となる時期

冬を迎えるからこそ、万全に備えておきたい立冬です。厳しい寒さの冬を乗り切るための支度の時期といえるでしょう。

風邪から大きな病気になることもあるので、侮れない寒さ対策は早いうちからが肝心というのが立冬でのお知らせといえるでしょう。

太陽暦で冬を知らせる立冬にはカボチャに限定せず栄養価のある食べ物が必要です。

2017年の11月7日の立冬は、冬に備えての食事や衣服、休息などを取り、冬のサインを見落とさないようにしたいですね(^^)

-