新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

お彼岸のお墓参りの常識※いつ行く?服装は?花の種類は?

お彼岸にお墓参りに行ったことありますよね?

私は小さい頃から親に連れられて何度もお墓参りには行っているのですが、連れて行かれるだけだと、いつ行って何をするのかはうろ覚えなんですよね

時期っていつだっけ、とか、お花やお供えは何を持っていくんだっけ、とか、服装はどんな格好がいいだっけとか・・・・・。

大人になって恥をかかないように、お彼岸のお墓参りの常識について調べてみました!

スポンサーリンク


【何日の何時?】お彼岸のお墓参りは「いつ」行けばいい?

お彼岸は春と秋にそれぞれ7日間ありますが、お墓参りにはいつ行っても大丈夫です!

⇒お彼岸中ならいつ行っても良し!

春分の日・秋分の日である中日に行く人が多いようで、曜日の関係で土日も混雑しますが、特に決まりはないのでその年の都合に合わせて行けばよいでしょう。

時間帯では午前中に行く人が多いそうですが、お墓で暗くなって人が少なくなるのもちょっと怖いですし、やっぱり早い時間には行きたいですよね!

⇒時間帯は午前中に行く人が多い!

※霊的な噂話では午後3時以降はお墓に近づかないほうがいいという説もあります。また、何かの用事の「ついで」に行くのもよくないと言いますね。信じるか信じないかはアナタ次第・・・・。

【服装は?】お墓参りには「どういう格好」で行けばいい?

お墓参りをする人
お彼岸のお墓参りは礼服で行く必要はなく、普段着でも構いません。

目上の親戚の方と行く時などは少しフォーマルな格好で行った方が良いこともありますが、そこは一般常識の範囲で判断すれば良いと思います。

⇒ひとりなら普段着で、目上の人と行くときはフォーマル!

一人で行く場合でも、短パンやサンダルはちょっとどうかという気もしますが、ジーパンやTシャツぐらいなら大丈夫ですよ!

※ただ、お墓参りにひとりで行くのは「引っ張られるから」行ってはいけないとも言います。都合上、ひとりでしか行けない人は仕方ないとは思いますが・・・・・。

【持っていく物は?】お彼岸のお墓参りのお供えは?

お彼岸のお墓参りのお供えの食べ物や飲み物に特に決まりはないので、何を持っていっても大丈夫です!

でもお彼岸といえば「ぼたもち」&「おはぎ」なので、そういったものを持って行くのがいいと思います。

⇒お供えに決まりは無し(おはぎ・ぼたもちがベター)!

決まりはないものの「基本的に必要な物」はありますので、以下でチェックして揃えておきましょう。

・お線香
・御花
・ろうそく
・マッチ(ライターでも可)
・お供え物(故人が好きだったもの)
・掃除道具(霊園に供えている場合もあります)
【お墓参りの必需品がセットになった商品です】

なお、お供えは腐ってお寺や霊園の管理者に迷惑をかけてしまいますので、持って帰りましょう。

また、故人の好きなお酒などの飲み物を墓石にかける人がいますが、あれは虫が寄ってきたりカビや苔が付く原因になるので止めましょう。

【花の種類は?】お花には何か決まりがあるの?

お花についても決まりはないので、好きなお花を持っていきましょう?

一般的には

・白い花
・菊
・百合
・胡蝶蘭
・カーネーション

などを持っていく方が多いようです。

⇒決まりはないので故人が好きな花を持っていけば良し!

百合の花

ただ特に決まりはないと言っても、

・バラなど棘がある花
・彼岸花
・香りが強すぎる花
・首から折れて枯れる花(椿など)
・お墓にお供えして違和感があるような花

については避けた方が無難でしょう。

※百合の花のような花粉がよく落ちる花は、その花粉が墓石に付くとシミになる場合がありますので、事前に落としてから手向けましょう。

【何をする?】お墓参りに行ってやることは?

お彼岸のお墓参りに行ったら、ただ花や故人の好きだった食べ物などをお供えすれば良いわけではありません。

お墓参りに行ったら必ずやること

・供えてあった古い花などを捨てる
・墓石の周りを清掃する(雑草も抜く)
・香炉に残ったお線香の灰を捨てる
・花立てを洗う
・墓石の汚れをタオルやスポンジで拭いたり水をかけて綺麗にする
・綺麗にしてからお線香をあげる

ということです。

お供えをしてからお線香をあげ、合掌をします。

【約3分で分かる基本的なお参りの作法】

※御花はそのままでいいですが、食べ物のお供えはお参りが済んだら忘れずに家に持ち帰って、ご家族みんなで食べることで供養になります。

【まとめ】その地域特有のルールがある場合も

これでお彼岸のお墓参りはもうばっちりですね!

お供えやお花も地方ルールやそのお墓特有のルールがあるかもしれないですし、確認できるのであれば家族や親戚の方にも確認しておきましょう!

うちのお墓ではつい通りたくなるような「通ってはいけない道」があって、知らずに通って注意されたこともあります。

でも一般常識やルールも大切ですが、一番大事なのは御先祖様を敬う気持ちだと思いますので、心を込めてお参りしてきたいと思います!

-常識・マナー