新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

恵方巻き2017年はいつ食べる?今年の方角と決め方の秘密とは?

2016/10/11

今では節分には欠かせない存在となった恵方巻き。

デパートやスーパーにはさまざまな種類が用意されますね。

高級食材を使ったものから、子供に大人気のキャラクターとのコラボレーション商品までいろいろです。

今年はどれにしようかなと迷うこともなかなか楽しいもの♪

そういえばこの恵方巻き、私が子供の頃にはまだ一般的には食べる習慣がありませんでした。

そのため、恵方巻きのこと、いつ食べるの?とか、どの方角に向いて食べるの?とか、あまり知らないなぁ(・・?と気づいたので、調べてみることにしました。

スポンサーリンク


恵方巻きはいつ食べる?どうして食べるの?

恵方巻きは節分に食べるものです。

「節分の日」とはご存知の通り毎年2月3日ですから、恵方巻きを食べる日にちは

2017年2月3日(金曜日)です!

節分には昔から人々は豆まきをして災いを追い払い、福を呼び込みました。

そして、家族の安全や健康を願って恵方巻きを食べます。

今も昔も、家族の幸せを願う気持ちは変わりませんね(^^♪

迷信は無視ですが、こういった年中行事は大切に受け継いでいきたいですね。

皿にのせた恵方巻き

※この由来について恵方巻きの由来【簡単】子供向けに説明する例文を教えます!ではもっと分かりやすく子供向けに説明しています。

【知ってますか?】恵方巻きの4つのお約束

さて、恵方巻きには4つのお約束があるのですが、ご存知でしょうか?

【7種類の具を使う】
恵方巻きを作るときは七福神にあやかって7種類の具を使います。特に決まった具はありませんから、こちらは家族の好みに合わせて家庭の味を楽しみましょう。

【巻き寿司にする】
福を巻き込むというダジャレでの「縁起かつぎ」のため、必ず巻き寿司じゃないといけません。細まきでも太巻きでもどちらでもいいので、海苔でお好きな具を巻きましょう。

【切り分けてはいけない】
恵方巻きを切り分けてはいけません。「福を切る」といって縁起の悪いことですから、1本丸ごとかぶりつくのが正しい食べ方です。

【恵方を向いて食べる】
その年の「恵方の方角」を向いて黙って食べます。食べ終わるまでお話してはいけません。

恵方については次にご説明しましょう。

2017年の恵方はどの方角?そもそも「恵方」って何?

今年2017年の恵方は

「北北西」です。

つまり今年は北北西の方角に向かって恵方巻きを食べるといいわけですね。

この「恵方」とは、その年、縁起がいいとされる方角です。

恵方巻きを食べるときにだけでなく、引越しや旅行、開業などの行動はこの方角に移動すると上手くいくといわれています。

【iPhoneのアプリに恵方の方角を調べられるのがありますよ♪】

さて、この恵方は誰がどのようにして決めているのでしょう。

実は立春や節分という言葉はもともと中国で生まれた文化です。

そのため恵方の決め方も中国生まれの陰陽道の考えを使っています。

あの平安時代に活躍したと言われる陰陽師(知っていますか?本や映画などで大活躍ですよ!)の陰陽道が意外なところで使われているのですね(゜o゜)

その陰陽道の考えで「開運を司る神様のいる方角」が恵方になります。

この方角(恵方)は全部で

・東北東
・西南西
・南南東
・北北西

の4種類しかなく、この4つの方角が5年周期で繰り返されるのです。 (5年で一巡するうち、南南東だけ2回出現するので4種類しかないのに5年周期になる仕組みです)

それぞれの家庭の恵方巻きを楽しもう!

大手スーパーでは趣向を凝らした恵方巻きを用意しています。

我が家が普段利用するスーパーも子供に大人気のキャラクターを使って、恵方巻きの宣伝をしてくれます。

【巻物じゃなく「カブリモノ」(笑)】

 

ご丁寧に子供の手の届く場所にキャラクターの載った「恵方巻き予約受付票」が準備されているのですよ・・・(^_^;)

買い物袋に詰めている間中、子供からおねだりされます。

商売上手め!と思いながら、やっぱり予約してしまいます。

家族で笑顔になれればどんな恵方巻きもスペシャル!ですよね。

節分にはご家族でお好みの恵方巻きを食べて素敵な思い出を作りましょう♪

-