新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

干し椎茸の作り方【簡単】室内でも電子レンジを使えば1時間

スポンサーリンク
 

いつもは生の椎茸を買ってくると、袋のまま冷蔵庫の野菜室に入れて、使う時だけ出しています。

でも、椎茸から出た水分が袋にたまって、それが椎茸についてべちゃっとして最後の方は美味しくないんですよね。

使い切る分だけ買えばいいのでしょうけれど、結構大袋で買ってしまうことが多いです。

まとめて買うと、お得だから。(笑)

余らせるのだったら干し椎茸にしてしまえばいいと思うのですが、幹線道路沿いの空気の悪い所に住んでいるので、外に干したくありません。

日当たりも悪いんです。(>_<) 留守がちなお宅でも「帰るまでに雨が降ってきたらいやだなぁ」なんて、なかなか気軽に椎茸を干せませんよね。

そこで、外に干さずに室内だけで、電子レンジで簡単に干し椎茸を作る方法を試してみました。



電子レンジを使って干し椎茸を作る方法

干し椎茸
干し椎茸を作るときに用意するものは

たっただけあればオッケーですよ♪

コレだけ揃えれば、次の3つの工程でできてしまいます。
 
 
【電子レンジを使った干し椎茸の作り方】
電子レンジ
1. キッチンペーパーや固く絞った布巾で、椎茸の表面についた埃を取る

2. 電子レンジの中にキッチンペーパーを敷き、椎茸を重ならないように並べて600Wで2分加熱する

※乾燥が足りなさそうなら時間を30秒~1分と短く区切って、様子を見ながら再加熱

3. カラカラになったら電子レンジから取り出し、椎茸が冷めてから乾燥剤を入れて保存袋や容器にしまいます。
 
 
電子レンジで加熱すると、庫内は水蒸気でいっぱいになります。

椎茸はほぼ水分で出来ているって言われてますけど、本当だったんですね。

干し椎茸は何時間ぐらいで出来る?

電子レンジを使う時間は数分ですが、全工程ではどれぐらいかかるか気になりますよね?

これはだいたい工程全体では1~2時間ぐらいみておいた方がいいですね。

電子レンジから取り出したばかりの干し椎茸は熱いので、袋に保存するのはすぐにできません。

お皿に移し替えて、冷めるまで放置します。

時間が経って完全に冷めたら保存袋にしまいます。

※椎茸の中のビタミンD含有量が増えるので、できれば放置している時に日光に当てたいところですが、これはお好みで。

ちなみに天日干しで作る場合は1~2日もかかります。(細かく切った場合)

椎茸一個をそのまま丸ごと干す場合は3~4日もかかってしまいます。

干し椎茸に向いた「特別なしいたけ」がある?

原木栽培の椎茸
ここでは、干し椎茸に向いた椎茸をご紹介しますね。

ずばり、それは「原木栽培」の椎茸です!

椎茸は栽培方法が2つあるんですよ。

それが「菌床栽培」と「原木栽培」です。

菌床栽培は、おがくずで菌床というブロックを作り、椎茸の菌を人工的に育てます。

原木栽培は、椎茸の菌を打ちこんだ原木から椎茸が自然に発生するのを待つ育て方です。

菌床栽培より、原木栽培の方が断然風味・食感がいいのです。(見た目も原木栽培の方が自然で美しいです)

その代わり、お値段の方は割高になります(^_^;)

特選の「どんこ」干し椎茸は当然ながら原木栽培ですが、こんなお高い値段ですね・・・。

やっぱり自分で原木栽培の椎茸で、干し椎茸を作ってみたいものですね!

値段は気にせず本当に味にこだわる方は原木栽培をオススメします。

オーブンを使う方法と比べてみてどちらが簡単?

オーブンレンジ
電子レンジ以外にも、オーブンを使った方法があるんですが、どちらが簡単なのでしょうか?

……答えは、電子レンジです。

オーブンの作り方も簡単に説明しましょう。
 
 
【オーブンを使う干し椎茸の作り方】

1. 椎茸の表面についた埃をとる

2. オーブンは150度に予熱しておく

3. 椎茸をスライスしてクッキングシートを敷いた天板の上に並べ、15分加熱し、乾燥が足りなさそうなら、2~3分ずつ様子を見ながら再加熱する

4. カラカラになったら電子レンジから取り出し、椎茸が冷めてから乾燥剤を入れて保存袋や容器にしまう
 
 
スライスしたり予熱したり乾燥時間が長かったりと、オーブンでは余計な手間がかかりますよね。

電子レンジの方は、そのままの形でカラカラにでき、料理するものに合わせて形を変えられるので、便利だと思います。

私のおすすめは電子レンジです!

水蒸気だと思って安心していたら煙だった(泣)

今回、冷蔵庫に生椎茸があったので、実際に作ってみたんですよ。

2分ずつ加熱して様子を見ていたので、最後にちょっと加熱しすぎて、1つだけ軸の所を中心に傘の裏を焦がしてしまいました。(^_^;)

電子レンジから水蒸気が出ますけど、それが灰色になったら要注意です。

加熱は時間を区切って、こまめに様子を見ましょう。(^^)

1回やってみると、すぐにコツがつかめると思いますよ。

-フード・ドリンク