新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

鏡開き2017年はいつ?東京・関西・北海道で日付が違う?

スポンサーリンク
 

あなたは鏡開きという行事をご存知ですか?

お正月に神様にお供えしていた鏡餅を下げて、神様に感謝しながら無病息災を願ってみんなで食べるという行事です。

私の家では母の手作りのあんこを使っておぜんざいを作り、みんなで食べることが毎年の楽しみでした。

ところで、この鏡開きは日にちが決まっているんですが、それはいつだかご存知ですか?

生まれも育ちも関西の私は、今まで鏡開きとは1月15日だと思っていました。そしてこれは全国共通の日にちだと疑いもせずに認識していました。

それが…!地域によって違うんです!その事実を知ったとき、本当に驚きました…!

知ってるようで知らないそんな鏡開きのあれこれを調べてきましたよー☆



2017年の鏡開きはいつ?関西と、関東と…日付が違う!

2017年の鏡開きの日にちは一般的には

1月11日(水)

です。これは関西と一部の地域を除く全ての地方に当てはまります。

ただ、関西地方と、京都は日にちが違うんです。

■関西地方は1月15日(日)
■京都は1月4日(水)

に鏡開きが行われます。

京都が極端に早いですが、これは三が日が終わったらお正月は終わりという考え方があったからだそうです。

ミカンがのった鏡餅

関西と関東で日付がずれている理由

では、どうして関西とその他の地方は微妙に日にちがずれているのでしょうか?

鏡餅を始めとするお正月飾りは年神様がいらっしゃる「松の内」という期間の間に飾ります。

江戸時代始めまでは、日本全国「松の内」は1月15日までとされていて、15日または20日に鏡開きをしていたそうです。

しかし三代将軍である徳川家光が4月20日に亡くなったことから、月命日にあたる20日に行事をすることを避ける傾向が関東地方で広がりました。

幕府のおふれで「松の内」も1月7日になり、それに合わせて鏡開きも1月11日に行われるようになったんですよ。

しかし、関東のその傾向は関西では広まらず、昔から変わらず1月15日の「松の内」が終わったらすぐ鏡開きをする風習が残っているんですって。

鏡開きの正しい方法&やってはいけないこと

昔からの鏡餅は大きなお餅の固まり。

ラップもせずに松の内の間ずっと部屋に飾るのでカッチカチになってしまいます。

この鏡開きをするとき、やってはいけないことがあるんです。

それが絶対に包丁等の刃物で切ってはいけないこと!

必ず手や金槌、木槌で割って小分けにしましょう☆

鏡餅は年神様が宿っておられた縁起の良い食べ物なので、刃物を入れることは失礼にあたるため、昔から刃物を使わないという説や、切腹を連想させるということで刃物を使わないという説もあります。

最近は鏡餅のパックの中に小さいお餅がたくさん入っていて、刃物を使わなくてもパックを開けるだけで簡単に済んでしまいますね。

【ホームベーカリーがあれば家で鏡餅が作れますよ!】

市販の鏡開きが不要な鏡餅を買ってしまうことが多いので、鏡開きの本当の方法を知らない方も多いかと思います。

もし昔ながらの鏡餅を鏡開きする際は、気をつけてくださいね☆

色々な歴史を経ての鏡開きの日にち

まさか毎年していた鏡開きが地域によって日付が違うだなんて思いもしませんでした。

鏡開きの日付の違う地域に引っ越したり、嫁いだりした際には気をつけたいところです。

どの日に鏡開きをしても、その年の神様に感謝して、家族の無病息災をお願いする行事だということは変わらないので、こんな素晴らしい日本の行事を守っていきたいですね☆

-年中行事