新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

こどもの日の由来を子供向けに簡単紹介@保育園に通う子でもスグ分かる!

学校や会社が休みになる祝日は、多くの人にとって嬉しい日なのではないかと思います。

そんな祝日の中でも「こどもの日」は子どものための行事が沢山行われたり、家族そろって節句のお祝いをしたりと、子どもにとって一番嬉しい祝日といっても過言ではありません。

でもいざ子供から「こどもの日ってなんであるの?」と聞かれたら、大半の親御さんは答えられませんよね?

そこで、こどもの日の由来について保育園や幼稚園に通う幼児でも分かるような説明の仕方をご紹介していきますね♪

スポンサーリンク


【この日の意味】こどもの日はどうしてできたの?

男の子と女の子
今や「こどもの日」が5月5日だというのは、日本人なら誰もが知っている常識ですよね?

しかし、どんな由来があって「こどもの日」ができたのか、なぜ5月5日なのかという事を知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

そもそも「こどもの日」とは、

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」

と定められています。これがこどもの日の正確な意味になります。

「子どものための日」という訳ではなく、母に感謝する日でもあったということには驚きですよね!

みなさんも知っての通り、5月5日は元々、男の子の健やかな成長を願う「端午の節句」と言われる日でした。

端午の節句は1948年に祝日に定められ、それが1948年に「こどもの日」として改められました。

そこからは男女の区別なく、子どものための日ということになったのです。

【なぜ5月5日?】日付に意味はあるの?

では、端午の節句はなぜ5月5日に行われるようになったのでしょうか?

端午という漢字にはそれぞれ

・「端」=最初
・「午」=午の月(旧暦の5月)

このような意味が込められています。

そんなわけで「5月の最初の午の日」が端午と言われていました。

しかし、後になって

・「午(ご)」と「五(ご)」が同じ音であること
・他の節句も月と日が同じ奇数であること

といった理由から、端午の節句は5月5日に固定されるようになったそうです。

今となっては午の日がいつかも良く分かりませんし、月と日がゾロ目で揃っていた方が分かりやすいので、5月5日に変更になってよかったですよね(笑)

【なぜ男の子限定?】そのワケは「端午」という言葉にあり

元々、端午(「5月の最初の午の日」)には

菖蒲の葉を門にかける

という風習が中国にありました。

その風習が日本に伝わり、鎌倉時代辺りからは、

・「菖蒲」と「尚武」が同じ読み方である事
・菖蒲の葉が「剣のように鋭い形」をしていること

などの理由から、男の子の節句となりました。

【五月人形がなぜ兜なのかもそういった理由なんですね】

尚武とは?
武道・武勇を重んじること。

出典:goo辞書 

【子供向け説明例】もしも保育園児に訊ねられたら?

子供のグループ
「こどもの日」ということで、子ども達は他の祝日よりも興味を持つことがあるかもしれません。

小学生くらいになれば、普通に説明をしても分ってもらえるかもしれませんが、幼稚園や保育園に通っている年齢の子どもへの説明には、少し困りますよね?

そんなときは、

「パパとママが○○ちゃんが生まれてきてくれて嬉しいな!って喜んだり、これからも元気に大きく育ちますように!ってお願いする日なんだよ!だから今日はパパとママと楽しい事いっぱいしようね♪」

こんな感じでいかかでしょうか?

もし「母に感謝する日」の部分が重要なの!とお考えなら、

「こどもの日って、実はママに"ありがとう"を言う日でもあるんだよ?だから、お家に帰ったら沢山遊んだ分、パパとママの肩たたきしてくれる?」

なんておねだりをしてみるのもありですよね(笑)

【こちらの紙芝居風の動画を見せてあげると、理解が深まるでしょう】

とにかく、家族や親族が子どもの事を心から想っているという事を伝えてあげる事で、「こどもの日」の説明もできますし、子供の人格を大切にしながら子供の幸福を願うという部分も達成されるのではないかと思います。

【まとめ】こどもの日の疑問がスッキリ解消しました

私、昔からずっと「こどもの日」について疑問に思ってたことがあるんです。

それは「こどもの日」はどうして5月5日なんだろうという事です。

子どもの行事が行われる日だからということなら、3月3日でもよかったんじゃないか?と昔から思っていました。

子どもながらに、なぜか男性の方が盛大に祝われている気がして腑に落ちなかったんです。

そう考えると、結構生意気な子どもだったかもしれません(笑)

その明確な答えは調べても分かりませんでしたが、おそらく、当時は今ほど女性が強くない時代でしたので、それが自然の流れだったのかなと思います。

こんなことを子どもの頃の私は思っていました。

私と同様に、「こどもの日」について純粋な疑問を持つ子どもは沢山いるはずです。

そして、親御さんや先生に質問をぶつけてくることもあるでしょう。

そんな時に、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです(^-^)

-