新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

人参の冷凍@保存期間はどれくらい?栄養は食感はどうなる?

スポンサーリンク
 

人参は、ついつい何かの料理に使えるから、と買ってしまう食材のひとつかもしれません。

シチューやカレー、またはスティックで食べたりなど食べ方はたくさんあります(^^)

人参自体に甘みがあって、生野菜としても十分美味しい野菜ですよね?

茹でただけでも甘みのある人参は、離乳食にも以前使ったことがありますが、とっても便利です!

そんな人参を冷凍したい場合、どうやって冷凍するのがいいのか、また保存期間はどれくらいなのか気になります。

それに栄養や食感は変わってしまうのか??など人参を冷凍する時に気になることを調べてみました。



人参の冷凍の仕方と保存期間の長さ

人参の冷凍の方法から説明していきます。

人参を冷凍するには

1. 生の人参をカットする(切り方は輪切りでもイチョウ切りでもOK)
2. ジップ付きの袋(ジップロック)に入れる
3. 冷凍庫に入れる

こうすると冷凍で

1ヶ月~2ヶ月は保存可能

なんですよ!けっこう長いですね☆

※生の人参は野菜室などでは2週間~3週間持ちます。

※シャキシャキとした食感はやや損なわれます。

※冷凍して1ヶ月~2ヶ月経ったものは、生野菜のサラダなどには適していません!

人参に含まれる栄養は?

まず人参に含まれる栄養素をチェックしましょう。

■アスコルビナーゼ   
自然治癒力や免疫力を高め、食べ物の消化吸収を促進します。

■β-カロテン     
体内でビタミンAにもなり、鼓膜・皮膚・髪・視力や呼吸器系に効果があるとされています。

■ルテイン       
紫外線やスマホ、PC、テレビなどが発するブルーライトと呼ばれるものから、目をガードしてくれます。

■カルシウム      
骨や血の源になる成分や、自律神経に作用しストレスを抑える作用があります。

■葉酸         
妊娠中の方には、特に必要で、胎児の成長に大きく必要な成分であり、DNA合成にとても必要です。

■カリウム       
高血圧予防の効果があります(満腹感を感じずらいため、腎臓の悪い方は過度な摂取は、し過ぎないように注意しましょう)

■マグネシウム     
タンパク質の合成をして、神経を安定させ骨や歯の形成を助ける重要な栄養素です。

■食物繊維      
便秘の解消や予防、または糖質、脂肪、コレステロールの吸収を抑え、血糖値の上昇を防ぐため、動脈硬化や心筋梗塞を予防します。

生のニンジン

冷凍することで栄養はどうなる?

では、これらの人参の栄養は冷凍するとどう変化するのでしょうか?

■β-カロテン
冷凍することで、効果が2倍になると言われています。

■ルテイン
冷凍することで、効果が3倍になるとも言われています。

すべての栄養素ではありませんが、一部の栄養素は冷凍することで効果がアップするんです。

元気野菜、それがニンジン!

人参は土野菜なので、土から掘ることで、多少元気はなくなってしまいます。

夏など暑い季節ではどうしても、早くに痛む場合はありますが、冷凍や野菜室でも長持ちする野菜なのです。

たくさんの料理に使えて、その上皮にも、というより皮にこそ栄養価が高い人参ですから、たくさん買ってしまっても大丈夫!

私は、子供がまだ小さい時には離乳食に人参を茹でて使ったりしました(*^-^*)

栄養価が高いので野菜室や冷凍で保存し、意外に日持ちする人参から、多くの栄養を取りましょう!

-フード・ドリンク