新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

青いじゃがいもは大丈夫!毒がなく食べられる、その理由とは?

スポンサーリンク
 

じゃがいもは長期間保存できるし、どんなお料理にも使えるし、万能食材ですよね。

しかもお財布に優しいし…ついつい買いすぎちゃいます(笑)

でもうっかり長い間、冷蔵庫に保存していたら、芽が出てしまうときがあります。

「この芽は毒があるから、取っておかないとダメなんだよ。」

小さい頃母から教えてもらったこと。
皆様もよく知っていることかと思います。

でもご存知でしょうか。じゃがいもは、紫外線にあたると緑に変色することを。
そしてその緑の部分にも、芽と同じ成分の毒があるんです。

うっかり日のあたるところに置いてしまって、または家庭菜園でできたけど、土からでてきてしまっていて、青くなってしまったじゃがいも、見た目はちょっと毒々しいかも…

はたして、食べられるんでしょうか??

結論から言うと、食べられます。

ただし!皮の部分には芽と同じ有毒成分があるので、そのまま皮ごと食べることはやめてください。



青いジャガイモを安全に食べるには

じゃがいもの芽が出てしまったら、芽を含め回りを多めに取り除けば大丈夫。

では、青くなってしまったじゃがいもは?じつは、簡単です。

厚めに皮を剥いてください!

そうすれば、安全に食べられますよ。

青いじゃがいも

ただ、スーパーで売っている大きなじゃがいもは青い皮を分厚くむけば安全ですが、家庭菜園などでできた小さいジャガイモが青くなってしまった場合、もちろん皮を厚めに剥いて食べられますが、あまり大量に食べるのはやめておきましょう。

ちなみに、じゃがいもの有毒物質はゆでたり蒸したりする程度では分解されません。

170度以上のサラダ油で揚げると分解するので量は減りますが、完全にはなくなりません。

揚げる料理でも、きちんと芽や皮は取り除くようにしましょう。

【100均のピーラーとは段違いに皮が剥きやすいピーラー】

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

じゃがいもの毒の成分を食べてしまうと

まず、じゃがいもの芽や青くなった皮から検出される毒は

・ソラニン
・チャコニン

と言われる有毒物質が含まれています。
(チャコニンは、カコニンともよばれるそうです)

この有毒物質を多く含むじゃがいもを食べると、

吐き気・下痢・腹痛・めまい

などの中毒症状が出ることがあります。じゃがいもを食べた後に症状が出たときは急いでお医者さんへ!

特に小さい子ども体が小さいために症状が出やすいので、できればこういったじゃがいもを食べさせるのは控えた方がよいと思います。

やむをえず食べさせる機会がある場合…しっかり取り除いて注意してください☆

【結論】青いジャガイモは食べられます☆

青いじゃがいもを安全に食べるには

・皮を厚めに剥く
・小さいものはなるべく食べない

たったこれだけで安全に食べられますよ。

ちなみに、ジャガイモを保存するとき、リンゴと一緒に袋に入れて暗い場所に保存するとリンゴに含まれる成分が発芽を抑え、さらに紫外線を防ぐことで青くなることを防げますのでお試しください☆

うっかり日のあたるところに置いてしまい、青くなったじゃがいも。

有毒物質はふくまれているので、調理にはちょっと注意が必要ですが、しっかり取り除けば食べられますよ!

無駄無く食材を使いましょう☆

-フード・ドリンク