新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

秋土用の食べ物は何を用意する?過ごし方はどうすれば?

スポンサーリンク
 

秋土用に用意する食べ物と過ごし方はどうすればいいか調査してみました。

秋土用の頃には、夏の疲れなどで胃腸や肺などが弱くなっている時期とも言えます。

内臓機能にいいとされる食べ物を食べ、冬を乗り切るために疲れを癒して元気を出したい季節です。だから食生活は特に大事にしたいですよね?

それには消化の良いものを食べ、内臓機能を優しくいたわる食べ物が適しているでしょう!寒い冬には消化機能も弱っていますから「胃にやさしい食べ物」がベストです。

一体、何が適した食材なのか?そしてどうやって「秋土用」を過ごしていいのかなど、大切な季節だからこそ気になってくるところです。



秋土用の食べ物は何を用意すればいいの?

秋土用の食べ物(行事食)ですが、調べてみると、

特に決まった食べ物(行事食)はありません!

ですが、この時期の体が欲しているのは「ビタミン」なので秋野菜を積極的に取りましょう!

「秋土用」の頃に最適なビタミンを多く含む食べ物は

・キャベツ
・人参

そして冬至に食べることで有名な

・カボチャ

などもいいですね!

ポトフはキャベツや人参などがまとめて食べられる代表的な料理です。
スープ皿のポトフ

また、温野菜などで必要な大根、玉ねぎ、ネギなどが身体にいいとされています!生姜などで身体を温めるのも効果的とされていますから大切です。

身体が疲れの信号を出している時期だからこそ、多くのビタミンを取って、弱っている身体のバランスを取ることがいいとされています。

風邪のような症状の現れやすい季節なので、ビタミンをたくさん取り、身体も温めて栄養補給をしましょう。

栗やサツマイモも身体にはいい季節野菜ですから、この時に栄養補給に食べることも、大事なことです(^^)

※「秋土用」には土を掘ってはいけない期間があるので、土から採れる野菜は事前に掘っておきましょう。

秋土用の過ごし方について

1番大切なことは、休息を取ることです。

普段できなかった秋の味覚などを家族だんらんで食べたり、土作業の人は身体を休めることや、熱すぎないお風呂や温泉などで身体を休めましょう!

熱いお風呂はかえって身体を冷やしてしまうので、あまり熱すぎない適度な温度より若干ぬるめのお風呂に入ることです。

また、家の中での家事なども、適度に休みながら、疲れを癒す方向で過ごすことが大事です。

自分が思っている以上に夏の暑さを引きずっていますから、ゆっくり急がず、適度な運動もしながら、紅葉などで秋を楽しみましょう。

秋土用で避けるべきこととは?

この期間は土木関係を避けた方がいいので、

新築&増築&引っ越し

は避けた方がいいです!

引っ越しに適した季節のようではありますが、土木関係は出来るだけ避けて秋土用の明けた頃にしましょう。

土木関係者もこの時期は工事を避けたい時期でもあるため、別の時を選んだ方がいいと思います。

秋土用は知らない間に疲れの溜まる頃

ビタミンは普段から摂取していると思っても、この時期は必要以上に疲れが溜まっているのです。

バランスのいい食事と休息はもちろんのこと、知らない間の疲れのために、普段出来ないことでリフレッシュする時です。

内臓機能はウソを言いませんから、暴飲暴食はやめて消化の良い食べ物をほどよく食べて、夏の疲れの休みと寒い冬の前の一休みをこころがけましょう(^^)

-