新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

浅草酉の市【2017年】の時間と場所は?マップ付きで紹介

スポンサーリンク
 

2017/09/01

酉の市【浅草】2017年の時間と場所、見どころを探してみました!

酉の市(とりのいち)は浅草だけではなく、11月の酉の日に各地で行われるお祭りです。

なかでも浅草では数十万人が集まり、神社に祈願したり、熊手を買ったり、屋台を楽しむ大きなお祭りのひとつです。

行ったことがある方も、またはこれから行ってみたいと思う方も多いのでは?

浅草酉の市では「前夜祭」・「当日祭」がありますので、それぞれの日程と時間や場所をチェックしていきましょう(^^)



2017年【浅草】の酉の市、日程と時間、場所はどこ?

今年2017年の浅草酉の市の日程と時間について調べてみました。

宵宮祭(前夜祭)

・11月5日(日)…午後11時15分~

・11月17日(金)…午後11時15分~

・11月29日(水)…午後11時15分~

※前夜祭は「宵宮祭」という名前の御祭儀です。
※宵宮祭の参列希望の方は、15分前に受付けを済ませましょう。

当日祭については以下の通りです。

・11月6日(月)一の酉

・11月18日(土)二の酉

・11月30日(木)三の酉

開催時間

各日ともに午前0時~翌0時まで

場所鷲神社(おおとりじんじゃ)

東京都台東区千束3丁目18-7

出店は一部だけ夜の7時頃から空いているところもあるため、並ぶ方も多いと思われます。熊手の購入の際はこうした早い出店もおすすめです(^^)

11月に【酉の市】が開かれる理由とは?

11月の酉の日になぜ【酉の市】が開かれるのかと不思議に思いませんか?

毎月必ず酉の日があるんですが、11月に行われるのには理由がありました。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が東夷征討(とういせいとう)の際、勝利祈願で勝利を成し遂げ、お礼として社前に武具の熊手をかけお礼参りをしたのが、11月の酉の日でした。

そこから11月の酉の日に酉の市にて熊手を「縁起物」として買い、今後を祈願するようになったと言われています。

そして、今では多くの会社や個人の方が前年度に購入した熊手を奉納したり、新たに購入したり、または出店自体を楽しむお祭りとなりました。

■酉の市で賑わう鷲神社を取り上げたテレビニュース

熊手御守(かっこめ)を急いで買う人の目的は?

当日祭の午前0時に始まる浅草の酉の市は一番太鼓が鳴り響くと共に、大勢の人が熊手御守(かっこめ)を求めて急ぎます。

これははたしてナゼなのかご存じですか?

実は1番札を授与されると、小判根付け(こばんねづけ)と交換するのですが、このなかには純金や24金があるのです!!

その小判がどこの御礼場から出るのは、毎年ヒミツとされているので、みんな我先にと急いで求めるわけなんですね。

毎年どこから出るのか楽しみのひとつとなっています(^^)

2017年の今年はチャリティーオークションが開催されます

2011年に発生した東日本大震災の被害を支援するため、浅草の酉の市では「熊手チャリティオークション」が開催されます。

今年は熊本で大地震が起こり、今もなお多くの人が支援を必要としています。

これは自分の幸せのみならず、多くの方の支援にも繋がる、とても大切なことです。是非ご協力をよろしくお願いいたします!

【酉の市】にて、日程は下記の通りです。

・11月6日(金)…17時~
・11月18日(水)…17時~
・11月30日(日)…17時~

お祭りを楽しみながら、震災に遭われた方々のためにも、祈願し、オークションに参加してみましょう!

-イベント