新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

七五三はいつまでお参りする?行く期間・何時までに行けば良い?

朝晩が涼しくなる10月中頃からあちらこちらで晴れ姿の子どもたちをみかけます。

可愛い着物や袴に身を包み、千歳飴の袋を持ってご機嫌な子どもたちを見ると毎年ほっこりしますよね。

そうです、秋は子どもの成長をお祝いする七五三の季節です。

七五三の起源は諸説ありますが、平安時代の中頃から公家の間ではじまり、庶民に広まったのは江戸時代からだそうです。

当時生存率が低かった子どもたちの成長を心からお祝いする気持ちから始まった七五三。その気持ちは今も昔も変わりませんね☆

ところで、この時期は一日中晴れ着の子どもたちを見ている気がしますよね?一体いつまでが七五三をする時期なのか、また、何時までにお参りすれば良いかご存知ですか?

スポンサーリンク


【超基本】七五三の期間について

本来七五三の日にちは11月15日です。この日は陰暦の「鬼宿日」というお祝い事には最高の日にあたる日。

ただ、最近はあまりその日にちに縛りはなく、だいたい10月中頃から、11月前半で都合の良い日にお参りします。

これは地域によっても異なり、寒冷地では早く寒くなるので10月初めにお祝いするのが普通です。

また、暦も気になるところですが、必ず大安でないとダメだということはないです。

なによりも両親や参加する人の都合の良い、一番に主役のお子様の体調の良い日にお祝いする事が一番のようですね。

いつまでにお参りすればいい?期限をチェック!

七五三のお参り風景
では肝心の七五三のお参り時期についてですが、これは大体の人が

11月中

にお祝いを済ますことがほとんどなんですね。

その理由としては、日中お子様が着物でいても暑くも寒くもない温度だということが大きいです。

そして神社も

11月下旬頃まで

を七五三の参拝期間にされているところが多いです。

たとえば東京の七五三のお参りランキング1位の明治神宮では11月23日までご祈祷を行っています。

どうしても日にちがとれなかったり、ゆったりした中でお祝いをしたい方などは12月にお祝いしたりすることもあるそうです。

神社も時期をずらした七五三の参拝を受け付けているところもありますので、七五三の期間外にお祝いをしたい方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

お参りをする時間帯に決まりはある?

時間帯としていつお参りするのが良いのでしょうか?

お祝い事は午前中にと思われている方もいらっしゃいますが、

時間帯に決まりはありません!

最近ではお子様のご機嫌が良い午前中に記念撮影を済ましてから参拝することも多いです。

ただ、神社はたいてい「日の出から日の入り」までです。ですので参拝されるなら必然的に「日の入りまで」に、ということになります。

これさえ守ればOK!七五三の常識

七五三には大きな決まりはないようです。通常の七五三は

・日にちに縛りは無いが、通常なら11月中に済ます
・時間帯は日の入りまでに

に行うことが一般的です。

このほかの日にちでも問い合わせてみると案外やってもらえるようなので、おうちの都合に合わせてできる行事なんですね☆

ちなみにお祝いは主に秋にするとお伝えしていますが、記念撮影は前撮りまたは後撮りがいいですよ☆

※七五三の写真撮影についてくわしくは七五三の写真を撮るのはいつからいつまで?安いのは、いつ頃?をご覧ください。

前撮りすることで当日ゆったりしたスケジュールで進行できるのでお子様もご機嫌!

前撮りすると七五三のお参り当日の衣装もお安く借りれたりするプランもあるのでそんなスケジュールも考えてみてもいいかもしれません。

思っていたより自由度の高い七五三。お子様も、ご両親もご機嫌の七五三になりますように☆

-年中行事