新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

七五三の初穂料の相場は?封筒の金額の書き方はどうする?

スポンサーリンク
 

子どもの成長を神様に感謝する七五三は、親にとっても子どもの成長が嬉しい日でもあります。

そもそも七五三とは、昔は病気などで子どもの死亡率が高かったため、節目の三歳、五歳、七歳によくここまで育ってくれたと氏神様にお参りをしたことから始まっています。

また、一般的な七五三のお参りの日として、11月15日がありますが、旧暦の15日は、鬼などの悪い妖怪が出歩かない日だとされており、何をするにも良い日とされ、七五三を祝うようになったとも言われています。

しかし、現在では、夫婦共働きで忙しい家庭も増えたため、特にこだわりもなく、10月の後半ぐらいから、11月の終わりごろまで、都合の良い日や大安吉日などを目安にして、神社にお参りするケースも増えています。



七五三の初穂料の相場はいくらぐらい?

近頃では、厄除けなどのために神社に行くと「○○はいくら」と言うように、金額の相場が一覧表として掲示されていることもあります。

この祈祷やお祓いなどに掛かる金額のことを「初穂料」(はつほりょう)と言い、その年にとれた農作物のことを初穂と呼んだことから由来が来ています。

昔は氏神様に、祈祷のお礼に農作物をお供えしたものですが、現在では、農作物を供えることが出来ないため、お供えの替わりにお金を納めるようになりました。

この初穂料ですが、個人的に祈祷してもらう場合は、初穂料として、

5000円以上

を納める人が多いようです。

勿論、これは個人差があり、3000円しか納めないと言う人もいれば、20000円ほどお供えをすると言う人もいるものです。

七五三の格好をした男の子

それに、神社によっては、七五三は○○円からお願いしますと指定されている場合もあります。

また、会社組織などの団体で祈祷をしてもらう際には、10000円以上からがおおよその相場のようです。

封筒(のし袋)の金額はどのようにして記載する?

初穂料の金額が決まったら、お金を入れる熨斗袋を用意しましょう。

熨斗の種類としては、

ちょうちょ結びのおめでたい時に使う熨斗袋

で大丈夫です。

水引の色が赤と白のものと、金銀のちょっと派手なものもあります。こういう時に使う熨斗は、どちらのものでも構いません。

ただ、結婚式のように、外れないように結び切りをしている水引などは、やはり使ってはいけません。

この封筒(熨斗袋)の表書きには、

・御初穂料
・お礼

などと丁寧に記載し、下段に祈祷を受ける人の名前を書きます。

七五三の場合には、祈祷を受ける子どもの名前を書いておきましょう。

また、熨斗袋の表に金額を書かずに、中袋に金額を漢数字で書き、裏面に住所と子どもの名前も忘れずに記載しておきます。

兄弟姉妹が一緒に七五三をした時にはどのように熨斗袋を書けば良い?

また、最近では、数え年なども関係なく、七五三を兄弟一緒に済ましてしまうケースも少なくありません。

そのため、熨斗袋にも、子どもの名前を連名で記載する必要があります。

そういう兄弟が一緒に七五三をするときには

年齢が上の子供(兄・姉)を右に書く
年齢が下の子供(弟・妹)を左に書く

ようにします。弟や妹が複数いる場合は左に行くに従って、年齢が若くなるようにします。

そのため、兄弟が多い場合には、熨斗袋のスペースを考えながら書かなくてはいけませんね。(^^)

-年中行事