新しい季節

知りたいことを、ぜんぶまとめて。

十三参りの時期:京都ならどの寺へ?服装は着物じゃないとダメ?

スポンサーリンク
 

数えで13才になった子どもがお参りする「十三参り」というのをご存知ですか?

100年ほど前の京都で発祥したこの行事は、関西では有名ですが、その他の地方ではまだ知らない人も多いようです。

でも最近では少しづつ広がりを見せて、関東の方でもお参りに行かれる方が増えてきたんですよ(*^^*)

子どもさんがいるご家庭なら十三参りがどんな行事なのか気になりますよね!

どんなお寺にお参りに行くのか、着ていく服装は着物じゃないとダメなのか、十三参りについて詳しくお伝えしますね。



【由来や意味をカンタンに】十三参りとは?

法輪寺
十三参りとはカンタンに言ってしまえば、子どもの健やかな成長に感謝し、これからの多福、開運を祈願して親子一緒にお寺にお参りする行事なんです。

数えで13才になった男の子と女の子が対象で、厄を祓い知恵と福徳を授かるため虚空蔵菩薩にお参りします。

そのため、「知恵もらい」や「知恵参り」とも呼ばれているんですね。

■十三参りの始まりの物語

弘法大使空海が室戸岬の洞窟にこもって「虚空蔵求聞持法(こくぞうぐもんじほう)」という修行をし、記憶力が飛躍的に上がったことから、その御利益にあやかろうと虚空蔵菩薩にお参りするようになったことから生まれました。

昔は境内で買った13種類のお菓子をお供えして、それを家に持ち帰って家族みんなで分け合って食べるという形式でした。

【十三参りの優しい説明と様子がよく分かる動画です】

【いつ行く?】十三参りにいく時期は?

十三参りに行く日は

4月13日(旧暦の3月13日)

となっています。

昔の暦(旧暦)では3月13日でしたが、現在の暦(新暦)では4月13日です。

この4月13日の前後1ヶ月間が参拝期間となり、3月13日~5月13日であればいつでもお参りができます。

数えで13才というのはちょうど小学生から中学生にあがる時期なので、中学生になる前の春休みにお参りに行かれる方が多いようです。

【なんで「13」なの?】数字に込められた意味

13という数字
十三参りの「13」には色んな意味があって、十三参りと呼ばれているんです。

【十三詣りの「13」という数字の意味】
・お参りする虚空蔵菩薩は13番目に生まれた菩薩で、そこから旧暦の3月13日になった。

・子どもが生まれて初めて干支を一周して最初に戻る節目が13才。

・昔は13才で元服や髪結いが行われ、子どもから大人になる時期が13才。

・平安時代に清和天皇が13才になったおりに成人儀礼として勅願法要を催した。

このように、13には色々な意味が込められているんですね。

【正式な格好】服装はどうしたらいい?

十三参りの正装は着物になり、

・男の子は羽織袴
・女の子は肩の部分を縫って丈を短くした本裁ち(大人の寸法)

の着物を着て、帰宅後すぐにその糸をとるというのが儀式になっています。

【こちらが女の子の袴(ネットでレンタルできます)

近頃ではあまりこだわらずに、ワンピースやスーツ、中学生になったら着る制服などでお参りする人たちも多いんです。

【こちらが男の子の羽織袴(ネット経由でレンタルできます)】

お寺によっても違いがあると思いますので気になる方はお寺に聞いてみるのもいいですね。

【参るならどこへ?】京都で行くならこのお寺

十三参りに行くならぜひ京都のお寺に行ってみたいですよね。

京都には十三参りの発祥地となるお寺があるんです。

それが、嵯峨の虚空蔵さんと呼ばれ親しまれている「虚空蔵法輪寺(こくぞうほうりんじ)」です。

【こちらがその法輪寺です】

法輪寺では、

春(3月13日~5月13日)
秋(10月~11月)

という季節の2回、十三参りができるんですよ。

お参りすると、用意された半紙に子どもが好きな漢字を一文字書いて奉納するのですが、目指したいものや授かりたいものなど思い入れのある漢字を書くといいですね(*^^*)

その後祈祷を受けて、帰りにはお守りとお供物(13品のお菓子)を頂くことができます。

「虚空蔵法輪寺」

〒616-0006 京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町16
電話: 075-862-0013

【まとめ】13歳になったら・・・・

虚空(大空)のように無限の智慧と福徳を備えていると言われる虚空蔵菩薩。

そのお姿は、右手に智慧の宝剣、左手に福徳の蓮華と如意宝珠を持っています。

記憶を司る菩薩ですが、身体健全や家内安全、交通安全や商売繁盛と様々なご利益があるそうです。

子どもにとっては一生に一度の十三参り。

一般的には数えで13才ですが、その前後でも大丈夫のようですよ。

ぜひそのご利益を受けに十三参りに行ってみて下さいね(*^^*)

-風習・習慣